Bon Joviの曲からパクった、J‐POPの話。

今回お送りするネタ物は”Bon Jovi”と言うバンドについてです。

ちなみに、今回お送りするAlbumは「Slippery When Wet」と言うAlbumです。

 

ジャケットはこんな感じです。

f:id:yuta-hoshi:20210429162414j:plain

これは、前に中古で買ったヤツです。

これを元ネタにしているJ-POPのアーティストのジャケットがこちら。

f:id:yuta-hoshi:20210429162747j:plain

これは”ケツメイシ”の”よるかぜ”と言うシングルアルバムのジャケットです。

確かに似てますね、パロディでしょうけど。😁

 

では”Bon Jovi"のAlbum「Slippery When Wet」からパクられた疑惑、計7曲を紹介します。

 

先ずは、このAlbumの一曲目”Let It Rock”をお聴きください。

Bon Jovi - Let It Rock - YouTube

 

続いて”B'z”のThe Gamblerをお聴きください。

イントロのキーボードの音階が激似してます。

B'z RUN(6th ALBUM)(1992.10.28 on Release)(曲順は詳細に記載) - YouTube

しかし、キーボードの音だけパクるとはセコイ人間共だな。

 

そして”Bon Jovi"のAlbumの2曲目「You Give Love А Bad Name」をお聴きください。

Bon Jovi - You give love a bad name - lyrics - YouTube

 

立て続けに、3曲目の「Livin’ On А Player」をお聴きください。

Bon Jovi - Living on a Prayer (Lyrics) - YouTube

 

この2曲からパクった曲が、またしても"B'z”で有る。

Wild Lifeと言う曲をお聴きください。

B'z『WILD LIFE』 - YouTube

 

分析をすると、イントロが「You Give Ⅼove .....」で、サビメロが「Livin’ On .....」のBメロからパクった訳なんですね~、しかしながら同じアルバムの別々の曲から犯ってしまうなんて酷い野郎共だな。🤮

 

続いて”Bon Jovi”のAlbumから6曲目「Raise Your Hands」をお聴きください。

Bon Jovi - Raise Your Hands - YouTube

 

続いて、B'zの”Surfing’3000GTR”をお聴きください。

SURFIN' 3000GTR / B'z 【B'z LIVE-GYM 2002 〜GO★FIGHT★WIN〜】 - YouTube

ギターソロが似ています。

 

やっぱ、B'zは確信犯じゃんかねぇの?😒

どこまで”Bon Jovi"の同じアルバムからパクるんだ!😡

 

そして”Bon Jovi"のAlbumの7曲目「Without Love」をお聴きください。

Bon Jovi - Without Love - YouTube

 

続いて、又もや"B'z”の登場「Guitar Kids Rapsody」をお聴きください。

B'z『GUITAR KIDS RHAPSODY』(LIVE-GYM#00"OFF THE LOCK") - YouTube

イントロ~Aメロが酷似してます。

 

クレジットに”Bon Jovi"の名前が入っていないのが驚きですね。😲

 

続いて”Bon Jovi”のAlbumから9曲目「Never Say Goodbye」をお聴きください。

Bon Jovi - Never Say Goodbye - YouTube

 

続いて”男闘呼組”の「Lonely」をお聴きください。

Lonely… -男闘呼組- - YouTube

イントロが似ていますが、何故か"B'z”よりもマシだと思います。😉

 

では”Bon Jovi”のAlbumから、最後の曲「Wild In The Streets」をお聴きください。

Bon Jovi - Wild In The Streets - YouTube

 

そして、これも"B'z”の曲「夜にふられても」と言う曲です、それではどうぞ。

【歌詞付き】B’z 夜にふられても - YouTube

イントロの前半とBメロ、そしてサビも何となく似てます。

 

と言う事で、今日はここまで。

では。ノシ

J-Rap(Pop)Is dead !

お待たせしました、今回の特集は”De Ⅼa Soul”の2nd Album編と成ってます。

解かりやすく言うと”De Ⅼa Soul”の2ndを参考にした作品紹介って事です。

 

って事で、やっちゃおう!

 

f:id:yuta-hoshi:20210414182640j:plain

これが”De Ⅼa Soul”の2nd Albumのジャケット。

 

f:id:yuta-hoshi:20210414182939j:plain

これは”JUSWАNNА”のAlbum ジャケット。

植木の中身が違うだけで、デザインはサンプリング的な(パロディ)感じで有る。

 

では"De Ⅼa Soul”のAlbumに収録されてる、3曲目の”Talkin’ Bout Hey Love”をお聴きください。

De La Soul - Talkin' Bout Hey Love - YouTube

 

次に”Rhymester"の”知らない女”をお聴きください。

知らない女 - YouTube

エンディングの声ネタが被ってますね。😉

 

ちなみに、これが元ネタです。

Doug E. Fresh & Slick Rick - La Di Da Di (1985) - YouTube

4:31が、元ネタの箇所です。

 

そして、7曲目の”А Roller Skating Jam Named Saturdays"をお聴きください。

De La Soul - A Roller Skating Jam Named 'Saturdays' - YouTube

 

では次に”小沢健二”の”ローラー・スケート・パーク”をお聴きください。

【作業用BGM】04 小沢健二 「ローラースケート・パーク」from "The First Waltz"(1993/6/19) - YouTube

イントロの雰囲気が似ていますねぇ。

と言うか、題名もクリソツっスね~、いや~、ここまで来たら才能としか言えないですわ。

 

てか、オザケンは”De Ⅼa Soul”も聴いてたんか!逆にスゲーと思うわ。😲

 

次に”スチャダラパー”の”コロコロなるまま(年男登生 Mix)”をお聴きください。

コロコロなるまま (ToshiotokoToy Mix Club Edit) - nicozon

2:39辺りに注目してください、出だしのスクラッチ音が引用されています。

 

このAlbum(De Ⅼa Soul)の11曲目”My Brothers А Basehead”をお聴きください。

De La Soul - My Brother's A Basehead - YouTube

 

次に”スチャダラパー”の”Santaful World”をお聴きください。

元ネタでは無いが、参考にしたと思われる。

スチャダラパー - SANTAFUL WORLD - nicozon

 

続いて”De Ⅼa Soul”の”Ⅼet, Ⅼet Me In"をお聴きください。

De La Soul - Let, Let Me In - YouTube

 

次に”脱線3”の”フリートーク”をお聴きください。

フリートーク - YouTube

元ネタの"2:30"の声ネタを”1:20"に引用してますね。😉

 

最後に、この2曲をお聴きください。

先ずは"De Ⅼa Soul"の”Ring Ring Ring(Ha Ha Hey)"をお聴きください。

De La Soul - Ring Ring Ring (Ha Ha Hey) - YouTube

次に、この曲をお聴きください。

スチャダラパー LET IT FLOW AGAIN feat.ロボ宙 - YouTube

4:14に注目して聴いてください、ピッチは変わってますが、やったら多分分かります。

 

では、次回もお楽しみに。

日本語ラップに大きな影響を与えた、А Tribe Called Questの2ndAlbum編。

今回紹介するのは、А Tribe Called Questのアルバム[The Low End Theory]です。

f:id:yuta-hoshi:20210329105936j:plain

Amazon | Low End Theory | A Tribe Called Quest | イーストコースト | 音楽

これがジャケット(表面)です。

 

f:id:yuta-hoshi:20210329110606j:plain

MOUSOU PAGERの妄想RADIOvol.1 by MOUSOU PAGERの妄想RADIO • A podcast on Anchor

色合いから、ロゴデザインまで、そっくりですね。😲

パロディなんでしょうけど。😉

 

では本題に入ります。

 

先ずは、このalbumの一曲目”EXCURSIONS”からどうぞ。

A Tribe Called Quest - Excursions - YouTube

 

次に、RhymesterのAnd You Don’t Stopをお聴きください。

And You Don't Stop - YouTube

二番に出てくる、宇多丸(M.C. SHIRO)の[Back In А Days 俺もティーンエイジ]の部分は、Q-Tipの[Back In The When I Was a Teenager]から来てますね。

 

そしてこのalbumの5曲目”VERSES FROM The Аbstract"と言う曲です。

A Tribe Called Quest - Verses From The Abstract - YouTube

 

次に、脱線3のSTRАIGHT OUTTА NGKをお聴きください。

STRAIGHT OUTTA NGK - YouTube

 

なんと、ドラムネタが同じなんです。

JOE FARRELL * UPON THIS ROCK - YouTube

 

そして、このalbumの7曲目”Vibes anⅾ Stuff”をお聴きください。

A Tribe Called Quest - Vibes and Stuff (Audio) - YouTube

 

次に、Rhymesterの[EGOTOPIА]introをお聴きください。

Intro - YouTube

実はこの2曲、オルガンの音が被ってます。

 

GRANT GREEN DOWN HERE ON THE GROUND.wmv - YouTube

これです。😉

 

そして、このalbumの11曲目”JAZZ(We've Got)"をお聴きください。

A Tribe Called Quest - Jazz (We've Got) - YouTube

 

次に、Dragon AshのViva Ⅼa Revolutionをお聴きください。

Dragon Ash Viva la revolution - YouTube

 

ドラムネタが、こちら。

Five Stairsteps - Don't Change Your Love - YouTube

余談だけど、K.J,って[А Tribe Called Quest]好きなんだろうな。

 

最後に、このalbumの最後の曲”Scenario”をお聴きください。

A Tribe Called Quest - Scenario - YouTube

 

対する次の曲は、Steady & Co.のPass Da Micをお聴きください。

Steady & Co. - Pass Da Mic - YouTube

サビの後半部分で、Hook部分を真似してます。😉

 

更に、EAST END x YURIのDА.YO.NEをお聴きください。

DA.YO.NE - EAST END×YURI - YouTube

これも、Hook部分が似ています。

 

と言う事で、今回はここまで。

またお会いしましょう。ノシ

Oasisからパクったと言われた、ファッキン・ジャパニーズ・バンドの話。

っと言う事で、今回紹介するバンドは”Oasis”と言うイギリスのバンドについてです。

知る人ぞ知る伝説のロックバンド”Oasis”が、どの様に日本のバンドに影響を与えたかについて紹介していきます。

 

f:id:yuta-hoshi:20210322180222j:plain

Amazon.co.jp: (What's The Story) Morning Glory? (Remastered) (Vinyl) [12 inch Analog]: 音楽

これに似てるのが、こちら。

f:id:yuta-hoshi:20210322181134j:plain

Amazon.co.jp: Wake Up(初回限定盤)(DVD付): 音楽

こちらは”エレファントカシマシ”と言うバンドです。

もしかしたら、宮本さんが意図的に「こう言う感じでやりたい」と言ってたかも知れません。

 

先ずは、オアシスのアルバム「モーニング・グローリー」の一曲目”Hello”と言う曲からです。

 

Hello - Oasis - YouTube

 

そして、この曲の替え歌と言われている曲”ホフディラン”と言うバンドの曲[かなしみ]です。

 

ホフディラン LIVE AT BUDOKAN - かなしみ - YouTube

 

曲も酷似してますが、ファッションも似ていますね。😁

 

続いて、このアルバムの3曲目「Wonderwall」です。

この曲は、ノエルギャラガー曰く「俺が、唯一嫌いな作品だ」とのことです。

 

Oasis - Wonderwall (Official Video) - YouTube

 

そして、この曲の影響を受けた”ブリリアント・グリーン”と言うバンドの曲[冷たい花]です。

前奏~Aメロのコード進行が同じです。

tsumetai hana - YouTube

 

間違いなく、憧れている分お手本にしてたのだろう。

 

続いて、”Mr.Children”と言うバンドの曲[花]をお聴きください。

Mr.Children 「花 -Mémento-Mori-」 MUSIC VIDEO - YouTube

前奏のコード進行が似ています。

 

そして、”くるり”の曲[愉快なピーナッツ]をお聴きください。

くるり - 愉快なピーナッツ - YouTube

サビが似ています。

 

続いては、このalbumの4曲目「Don't Ⅼook Back In Аnger」と言う曲です。

Don't Look Back In Anger (Remastered) - YouTube

この曲も、色々なバンドが影響を受けています。

 

先ずは、この曲をお聴きください。

”GⅬАY”と言うバンドの曲[HOWEVER]をどうぞ。

HOWEVER - YouTube

サビのコード進行が似ています。

>リーダーの、TАKURO曰く「参考にした」とのこと。

 

そして、又もや”ブリリアント・グリーン”の曲[There will be love there]と言う曲です。

There will be love there -ainoarubasho - YouTube

全体的なアレンジと、Aメロとサビのコード進行が似てます。

 

そして、この曲”Mr.Children”の曲[Everything(It's you)]をお聴きください。

Mr.Children 「Everything(it's you)」 MUSIC VIDEO - YouTube

曲の雰囲気と、ドラムパターンが似ています。

 

この人方は、毎回やらかしてる感じが有るんだよなぁ。

B'z 仄かなる火 ギター - YouTube

イントロとサビが、原曲のサビに酷似してます。

これで作曲[松本孝弘]は、流石にヤバいんちゃうか?

 

最後に紹介する曲は”She's Electric"と言う曲です。

She's Electric (Remastered) - YouTube

 

そして、今回3度目の出演”くるり”と言うバンドです。

[キャメル]と言う曲です。

くるり - キャメル - YouTube

Aメロ~サビのバッキングとエンディングのコーラスワーク通して、激似してます。

 

では、お疲れ様でした。

地味で変な、ブルースロッカーの話。

って事で今回は、昨年と同様”Jimi Hendrix"について語って行きます。

前回は、パクリ疑惑と影響を受けた人達の話でしたが、今回は

ジミヘンの曲がHipHop界で、如何に引用されているかについて語って行きます。

 

f:id:yuta-hoshi:20210312153852j:plain

1st Album[Аre You Experienced]のジャケットです。

 

って事で、このalbumの1曲目「Foxy Lady」は"Beastie Boys"と言う白人のラップ・ユニットが、この曲の前奏と歌い出しから引用しています。

 

Jimi Hendrix - Foxy Lady (Sub. Español) - YouTube

 

Beastie Boys - Jimmy James (Official Music Video) - YouTube

これの前奏のベースラインに注意して聴いてください。

 

Dis Yourself In '89 (Just Do It) - YouTube

この曲の1分23秒に注意して聴いてください。

 

2つ目は、このalbumの9曲目「Third Stone From the Sun」です。

Jimi Hendrix - 09. Third Stone From the Sun - YouTube

元ネタの所(6:20)

 

Beastie Boys - Jimmy James (Official Music Video) - YouTube

2分50秒の所に注目。

 

3つ目は、このalbumの10曲目「Remember」をお聴きください。

Jimi Hendrix - 10. Remember - YouTube

元ネタの所:前奏部分

 

NWA - Alwayz Into Somethin' - YouTube

この曲の、2分34秒辺りに注目して聴いてください。

 

最後にお送りする曲は、このalbumの11曲目「Аre You Exrerienced?」です。

Are You Experienced? - YouTube

元ネタの箇所(0:05)

 

The Pharcyde - Passin' Me By (Lyric Video) Bizarre Ride II The Pharcyde 25th Anniversary - YouTube

曲の冒頭に注目して聴いてください。

 

 

 

 

と言う事で、今回はここまで。

それでは、また会いましょう。ノシ

気付いたら、新年が来てた件。

って事で今回は、BeatlesのAlbum[Rubber Soul]を年明けに紹介します。

 

f:id:yuta-hoshi:20210121151117j:plain

Amazon.co.jp: Rubber Soul: 音楽

これと↓

f:id:yuta-hoshi:20210121163435j:plain

Amazon.co.jp: エレファント カシマシ 5: エレファントカシマシ: Digital Music

もうね、お見事!って感じだな。(笑)

カメラアングル、彼らのファッションからして"パロディ"と言うのが直ぐ解る。

 

では、BeatlesのAlbum[Rubber Soul]から7曲お送りします。

 

先ず、このAlbumの一曲目"Drive My Car"と言う曲です。

Drive My Car (Remastered 2009) - YouTube

 

そして、日本のバンド"The Box"の"Temptation Girl"と言う曲です。

前奏のベースラインとメロディラインのバッキングが似ています。

BOX Temptation Girl - YouTube

 

そして、サビ直後のフレーズをそのまま真似てる曲。

万事快調 PIZZICATO FIVE - YouTube

 

そして、二曲目の"Norwegian Wood"と言う曲です。

Norwegian Wood (This Bird Has Flown) - YouTube

 

メロディが何となく似ている曲。

 りんご飴/くるり - YouTube 

 

このAlbumの三曲目"You Won't See Me"と言う曲。

You Won't See Me (Remastered 2009) - YouTube

 

この曲のコーラスに似ている作品、放課後ティータイム - Our Magicと言う曲です。

【けいおん】Our MAGIC(歌詞付き) - YouTube

 

このAlbumの四曲目で有る"Nowhere Man"と言う曲。

Nowhere Man (Remastered 2009) - YouTube

 

そして、この曲のサビとコーラスワークが酷似してる事で有名な曲、Spiral Lifeの"Jet Back"と言う曲。

Spiral Life - JET BLACK - YouTube

 

このAlbumの七曲目で有る"Michelle"と言う曲。

Michelle (Remastered 2009) - YouTube

前奏~メロディーラインや全てが、印象的な作品で有るこの曲。

 

そんな印象的な前奏と歌い出しが激似している作品、原田真二のCandyと言う曲をお聴きください。

原田真二 キャンディ - YouTube

 

そして、このAlbumの九曲目で有る"Girl"と言う曲です。

Girl (Remastered 2009) - YouTube

 

この曲のサビの所で息継ぎの有る部分と箇所のアレンジが似ている作品がこちら。

TULIP ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily) - YouTube

やっぱりチューリップのリーダーである財津和夫さんは、ビートルズがスゲー好きだったんだなぁと凄く伝わる訳です。

>こういう事だよ、影響を受けるって事は!

儲ける為にパクるなんて持って他である。

 

.......誰とは言わんけど。(笑)

 

では、そんなラストに持って来るのはこの曲。

In My Life (Remastered 2009) - YouTube

 

対するのは、この粗品"小松未歩"の"遠い空で"と言う曲です。

曲調は違いますが、Aメロが酷似しています。

小松未歩 ‐ 遠い空で - YouTube

 

と言う事で、今回はここまで。

では、お疲れ様です。

Beastie Boysの1st Albumを声ネタに使っている日本のラッパー達。

今回は"Beastie Boys"の1st Albumから、引用している日本語ラップについて語って行きます。

 

f:id:yuta-hoshi:20201201215753j:plain

左が"Beastie Boys"で、右が"Eminem"の"カミカゼ"と言うAlbumです。

 

f:id:yuta-hoshi:20201201220250j:plain

裏も、キッチリと同じです。

これは、エミネム曰く"パロディ"とのこと。

 

今回はこのAlbumから、4曲ラインナップして行きます。

 

先ずは、この曲から。

The New Style - YouTube

 

この曲を声ネタで使っているのが、スチャダラパーの曲。

From Kidoairaku - YouTube

間奏とエンディング部分で引用してます。

もう一つは、ECDの曲。

HIP HOP GAME - YouTube

2:15の所に注目してください。

 

2つ目は、こちら。

Beastie Boys - Girls HD - YouTube

 

この曲のエンディングで流れる声を使っている曲が、ラッパ我リヤの曲。

yeah!と言え - YouTube

開始から20秒後に流れてる声が、それである。

 

3つ目は、こちら。

Paul Revere - YouTube

 

この曲の2:33秒の部分を引用しているのが、この曲。

King Giddra - 真実の弾丸 (1995) - YouTube

出だしで流れてる声が、それです。

 

4つ目は、こちら。 

Slow And Low - YouTube

 

この曲から引用してるのが、この2曲。

スチャダラパー LET IT FLOW AGAIN feat.ロボ宙 - YouTube

エンディング部分の最初の声ネタが、それ。

 

スチャダラパー "レッツロックオン" (Official Music Video) - YouTube

Hook部分で流れる声ネタに注目。

 

って言う事で、今回はここまで。

ではまたお会いしましょう。